|家へのこだわり|


家づくりに掛ける
彩家のこだわり
COMMITMENT TO THE HOUSE


こだわりの注文住宅をお客様にお届けするためには、
素材選びから工事までとことんこだわり抜くことが
必要不可欠です。

岡山県津山市の建築工房彩家では、
一流の職人が一流の素材を使用して、
長く愛される本物の家をお作りしております。

家づくりに掛ける私たちの想いの強さは、
決してどこにも負けません。
design_pic_01

完全フルオーダー住宅。
理想の空間をゼロから
カタチにする。

多くの人にとって、家づくりは一生に一度の大切なイベントです。だからこそ、自分たち家族のライフスタイルに最適な住空間を、ゼロから創り上げる喜びを体感していただきたい。ハウスメーカーのパンフレットの中にある企画住宅や、似たようなデザインが立ち並ぶ建売住宅から選ぶのではなく、大切なご家族のために、唯一無二の理想の住 まいを、完全フルオーダーで実現しましょう。

design_pic_02

EXTERIOR

大屋根が印象的なフォルムから、スクウェアでスタイリッシュモダンなデザインまで、お客様が思い描く理想のデザインを形にすることができます。人それぞれに個性があるように、住まいにすべてにも個性があり、決して同じデザインの住まいは存在しません。それがフルオーダー住宅の魅力なのです。

design_pic_03 design_pic_04

INTERIOR

家族の賑やかな声が絶えない住空間。住まいはただのハコではなく、喜びにあふれた暮らしを包み込むためのハコなのです。多彩なデザインと表現で、「5分でも早く帰りたくなる住まい」をご提供します。

main-pic

地震や台風など自然災害に強い
「スーパーウォール(SW)工法」。

多くの人にとって、家づくりは一生に一度の大切なイベントです。だからこそ、自分たち家族のライフスタイルに最適な住空間を、ゼロから創り上げる喜びを体感していただきたい。ハウスメーカーのパンフレットの中にある企画住宅や、似たようなデザインが立ち並ぶ建売住宅から選ぶのではなく、大切なご家族のために、唯一無二の理想の住 まいを、完全フルオーダーで実現しましょう。

防災拠点と同じレベルの「耐震等級3」が標準

スーパーウォール工法の家づくりでは、建築基準法の1.5倍の強度にあたる、最高等級となる耐震等級3の設計に対応しています。大規模な地震への備えとして、消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、安全性の高い住まいが実現できます。

pic_01

木造軸組と構造用合板を使った「ハイブリッド構造」

プランの自由度が高い「木造軸組」に、躯体全体を面で支える「構造用合板」を合わせた強固な構造がスーパーウォール工法の特徴です。地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、歪や狂いが生じにくい「強靭さ」を発揮します。

pic_02
pic_03

極めて高い壁倍率

住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することができます。また、一般在来の家の壁と比べて、変形量も半分であることが耐力試験で確認されています。

icon-taishin

建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5 倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。また、地震の揺れが原因で建てた住宅が全壊した場合、建て替え費用の一部を最大2000 万円まで負担する「耐震補償」も実現しています。

pic_04
pic_05

高耐震+制震テープで
余震にも安心の備え

制震テープは、高層ビル用の制震装置に使用されているブチルゴム系素材を住宅用に加工した粘弾性体の高いテープ。防災科学技術研究所、東京大学などの産官学による共同研究により開発。大きな地震、くり返す余震からご家族や大切な財産をしっかりと守ります。

pic_06
pic_07

非制震住宅と比べ制震住宅の揺れ幅は
約1/2にまで抑えられている

地震による建物の揺れ幅を比較した実験では、非制震住宅と比べ制震住宅の揺れ幅は約半分にまで抑えられています。非制震住宅が約40mm変位して筋交が折れてしまったのに対し、制震住宅は約20mmの変位で壁紙が破れる程度という実験結果が得られています(変位とは、地震の揺れによる壁の変位量。防災科学技術研究所での実物大振動実験結果より)。

pic_main

家中の温度差を抑え、
健康で快適な住空間を実現する。

家のどこにいても温度差が少ない、スーパーウォール工法の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法瓶のような空間が生まれます。夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現できる理由は、高い気密・断熱性にあります。

pic_01
pic_02

温度差の少ない
体への負担が少ない家

家にいると「足下が冷える」「廊下やトイレ、浴室が寒い」と感じることはないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、急激な温度差により人体に悪影響を与えるヒートショックを引き起こしご家族の健康にも影響を及ぼします。

【断熱性能による室温の違い】

pic_03a
pic_03b

【浴室の死亡事故と外気温の相関関係】

pic_04

※室温シミュレーション算出条件 ■AE-Sim/Heatにより算出 ■自立循環型住宅ガイドライン一般地モデルプラン(2階建て/延べ床面積:120.07㎡) ■家族構成:4人家族 ■暖房:20℃ ■暖房運転:居室間欠運転、
■気象条件:拡張アメダス気象データの東京を使用 ■住宅断熱仕様:(一般住宅)平成25年省エネルギー基準6地域適合レベル、(SW工法住宅)2002年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会「HEAT20」 G2基準
6地域適合レベル ※掲載データはシミュレーションにより算出した値であり、保証値ではありません。住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。

2030年基準の家
ZEH仕様の住宅性能

彩家の住まいは、国が2030年の基準に定める断熱性能(ZEH仕様)をクリアする「UA値0.6」以下が基準です。気密性能の基準も次世代省エネレベルをクリアする「C値0.5以下」が標準仕様となっています。

pic_05a
pic_05b
pic_06

心地よく爽やかな
計画換気システム

家族や住まいの健康を害する空気のよどみ。気密性を高め隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。また、計画換気システムの採用により、住まいの隅々に空気が流れ、カビ・ダニの繁殖を抑えることも期待できます。

【彩家の家の断熱性能基準】

pic_07a

一般的な第3種換気は、冬場の外気が0℃であれば、暖房された室内に0℃の冷気を取り込んでしまいます。しかし、熱交換換気の場合は、外に排気する空気の熱を活用し、室内温度に近づけて給気するので温度が変化しません。

一般的な換気システムの場合は、乾燥した外気をそのまま取り入れるため、室内の湿度が下がり、快適な湿度を保てない場合があります。一方、彩家の全熱交換型換気システムの場合は、温度だけでなく湿度も交換するため、加湿器の設定湿度どおりの快適な湿度を保ちやすくなります。

pic_07b

※実験条件
実験建物:東京都目黒区 東京大学生産技術研究所内 COMMAハウス木造2階建て延床面積 93.31m2
加湿器:加湿能力860mL/h タンク容量6.5L 1台使用
実験日時:顕熱仕様2014年2月12日16:30~、全熱仕様13日16:40~
暖房条件:エアコン設定温度22℃
※実験では、約6時間30分から7時間の間で加湿器の水がなくなるため、以降は湿度が下がっています。

pic_main_1

季節に応じて光や風を上手に
利用しながら快適空間をつくる。

高気密・高断熱の高い住宅性能のハコの中に、ハイクオリティのエアコンや断熱サッシ、全館空調設備など、設備をどんどん投入することで、家づくりのトータルコスト(初期費用)が上昇してしまいます。それを防ぐために設計の工夫で、快適性能をサポートします。

5つの設計項目

例えば、夏の間は太陽光が遮蔽されるように開口部や植栽を工夫し、夏至を境に冬に向かっていくにつれて太陽光が室内へと届くように設計しています。近隣の建物との位置関係などもしっかり考慮して提案しています。

pic_01_3

1気密・断熱

まずは、外気温に左右されない室内環境を整えることが、パッシブ設計の基本となります。断熱性・保温性を担保します。

2日射熱利用暖房

太陽光の熱を利用し、わずかな暖房で室内を快適に維持します。冬でも明るい光に触れながら、開放的な気持ちで暮らすことができます。

3日射遮へい

夏は日が高くなります。この季節による太陽光の特性を想定して庇の設計やシェードの工夫で、夏の不快な温度上昇を抑制します。

4自然風利用

風を活かすには、周辺環境やデザイン、プライバシー、コストなど、あらゆる面を考慮しながら、爽やかに暮らせるように提案します。

5昼光利用

光が室内でどのように拡散するかを想定しながら設計。住宅密集地などでは、天窓やハイサイド窓を設け、存分に光が入るように工夫します。

敷地の日照条件の
分析とシミュレーション

何となくパッシブな家ではなく、正確なシミュレーションを根拠に、その土地のパフォーマンスを最大限に活かして設計します。「平均日射熱取得率(ηAH 値、ηAC値)」なども数値で計測しながらプランニングに活かしています。

pic_02_3
pic_03_2

【敷地シミュレーション】

pic_04a pic_04b

【住宅の性能を数値で計測】

pic_04c

敷地の風向きの分析

卓越風の流れを正確に読み取る

涼しく爽やかな風を暮らしの中に活かすためには、単にたくさん窓を設ければよいというわけではありません。正確なシミュレーションを行い、卓越風の流れを読み解くことで、デザイン的にも、コスト的にも最も優れたカタチが実現します。

光の入り方同様、建設予定地の風の流れも季節ごと、時間ごと、方角ごとにどの程度吹き込むのかをシミュレーションにより導き出します。

【建築予定地の風の流れを計測】

pic_05_1
pic_main1

素足に心地よい、自然素材を
ふんだんに使った家づくり。

高気密・高断熱の高い住宅性能のハコの中に、ハイクオリティのエアコンや断熱サッシ、全館空調設備など、設備をどんどん投入することで、家づくりのトータルコスト(初期費用)が上昇してしまいます。それを防ぐために設計の工夫で、快適性能をサポートします。

デザインにも、住み心地にも妥協しない
暮らしの達人に選ばれる、彩家の自然素材の住空間

pic_main2

木に包まれた、まるでログハウスのような住空間。自然素材の使用バランスは、要望に応じて調整できます

pic_main3

ナチュラルヴィンテージテイストのワークスペース。エイジング塗装で味わい深い空間を生み出しました。

pic_main4

木製のカウンターにお気に入りのタイルを合わせた洗面室。ツインボウルの採用で、忙しい朝でも混みあわず快適。

pic_01_4

床は「杉」それとも「檜」
楽しく迷える家づくり。

家づくりの素材一つひとつを厳選した結果、生まれたのが、歳月とともに変化していく、気品のある外観、そして、床・壁・天井のすべてを自然素材に囲まれた快適性。いくつもの選択肢をご用意しています。

pic_02a

内装用壁材のいちばん人気は、和紙から生まれた「レーベン」。

pic_02b

風化造礁珊瑚をはじめとした沖縄に由来する3つの成分から生まれた壁材。

pic_02c

珪藻土を主成分にした内装用塗り壁材です。24色からお好みの色を選べます。

pic_02d

薬品処理を施していない綿、麻、絹などの織物系壁紙「織物の壁紙」

pic_03a_1

「素足で暮らしたい」というオーナーに お勧めしているのが杉の床材です。

pic_03b_1

杉よりも硬い桜の床。全体の色味がやわらかい、人気素材のひとつ。

pic_03c

栗の床材を天然由来の塗料で塗装した例。独特の風合いが出ます。

pic_03d

特有の節と色むらがランダムに表現された、店舗デザインにも活用される素材です。

pic_04a_1

目立たない場所だからこそこだわりたい。押入の中にも自然素材。

pic_04b_1

空間にアクセントを加えるアイアン格子が標準仕様となっています。

pic_04c_1

ナチュラルな素材を合わせた造作キッチンなどにも対応しています。

pic_04d

世界でもトップクラスの熱貫流率、高性能樹脂窓「LIXILサーモスX」を採用。

pic_05a_1

照明のプランニングも得意分野。ナチュラルな空間に合う提案を行います。

pic_05b_1

家の印象を大きく左右する玄関ドアにはLIXILの「ジェスタ」を採用。

pic_05c

美しく、しかも耐久性にもすぐれた当社オリジナルの外壁材を使用しています。

pic_05d

アプローチからナチュラルな風合いたっぷりなデザインを提案します。

お問い合わせ

家づくりのご相談・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!